ちょこままブログ

【もののけの里】新エリア体験レポ!タタラ場で作る本格炭火焼き五平餅

 

こんにちは、ちょこママです(^o^)/

 

2023年11月にオープンしたジブリパーク「もののけの里」の五平餅体験に子供たちと行ってきました!

 

 

 

もののけの里注意事項

もののけの里」へ入場するにはチケットが必要です。

時間指定はありませんので、チケットを持っていれば好きな時間に入場できます。

もののけの里オープン前は、こちらの門の前で並びます。

この日は日曜日で9時オープン。

45分前に到着して10人ほど並んでいました。

 

チケットを持っていなくても、エミシの村にある「物見やぐら」を間近に見ることができ、もののけの里全貌が遠くに見えます。

 

 もののけの里注意事項
  • 再入場は不可
  • エリア内の飲み物はOK、食べ物は禁止
  • トイレはタタラ場奥にあり
  • 最終入場は16:00

 

もののけの里五平餅体験

五平餅の炭火焼きは、草屋根が敷かれた「タタラ場」で体験できます。

予約は不要で、建物の外側に並んで待ちます。

 

 Advice

1回に体験できるのは12組。

1組20分ほど時間がかかるので、タイミングが悪いと1時間くらい待つことになります。

 

日曜日、9時にエリアオープン、五平餅の受付は9時15分からでした。

 

対象年齢:10歳以上

※9歳以下は体験不可だがタタラ場に入場可

※12歳以下は保護者の同伴が必要

 

今回、大人1人、10歳、7歳の息子と体験しました。

7歳の息子は体験できないため、五平餅とたれを追加購入し、大人が代わりに焼きました。

たれは1瓶で2本分あるので、五平餅1本追加で2人分作ることもできます。

 

順番が来たら、入口すぐのところで注文・会計し、五平餅とたれを受け取ります。

 

あったまった炭火の上に、真っ白な五平餅を並べてスタート!!

ひっくり返すタイミングやたれの塗り方は、スタッフの方が指導してくれるので、上手に焼けますよ(^o^)/

 

写真中央のナポリタンは、最後にチーズを乗せて焼きます。

 

体験が終わったら、外にあるベンチで食べられます。

 

3種類作りました。

どれも外はパリッと焦げ目があり、中はふっくらとても美味しかったです。

 

くるみみそは、くるみの香ばしさと甘さが安定の美味しさ。

しょうゆは、くるみより少し甘さ控えめ。

ナポリタンは、トマトの酸味とチーズでさっぱり。五平餅を食べているのにパスタを食べていると脳が錯覚を起こします( ゚Д゚)

 

残ったたれは持ち帰りでき、いろんな料理に使えます(≧▽≦)

くるみみそは、ご飯を平らにして五平餅風に焼いて食べました。

しょうゆは、豚肉を漬けて焼いたらとっても美味しかったです。

ナポリタンは、パスタでナポリタンにしてみました。

 

もののけの里見どころ

もののけの里」の見どころを紹介します。

 

タタリ神のオブジェ。

タイルでお洒落になっているので、子供たちも怖がることはありませんでした。

こちはら登ることはできず、見て触れて楽しみます。

 

タイルと玉石でできた乙事主のオブジェ。

 

小学生以下は滑り台で楽しめます(^o^)/

 

 

 

 

 

 

ジブリパークの基本情報

営業時間

平 日 10:00~17:00

※学校の長期休暇平日 9:00~17:00

土日祝 09:00~17:00

休園日

火曜日

※祝日の場合は翌平日

※学校の長期休暇期間は営業

年末年始

入場料金

※日時指定の予約制

大さんぽ券プレミアム

平日:大人7,300円 子供3,650円

土日祝:大人7,800円 子供3,900円

 

大さんぽ券

平日:大人3,500円 子供1,750円

土日祝:大人4,000円 子供2,000円

 

さんぽ券

平日:大人1,500円 子供750円

土日祝:大人2,000円 子供1,000円

 

※子供は4歳~小学生、3歳以下は無料

駐車場

①通常期(混雑期以外の日)

普通車    500円

二輪車    200円

大型車 1,700円

 

②混雑期(土日祝日・GW・お盆)

普通車 1,000円

二輪車    400円

大型車 3,400円

 

※入場から出場まで1時間30分以内は無料

モリコロパークHP

愛・地球博記念公園(モリコロパーク) - おでかけナビ・名古屋と愛知の公園であそぼう!

ジブリパークHP

ジブリパーク

 

愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1

 

2023年11月時点の情報です。

最新情報は、公式HPでご確認ください。